フリーランスと会社員の仕事スタイルの違い

フリーランスと会社員を比較したときに、仕事のスタイルでの大きな違いとして、フリーランスは自分でクライアントとやり取りをして仕事を受注する必要があるということがあります。



会社員として働くならば、自分がクライアントとやり取りをする立場になるとは限らず、会社に出社することで自分が担当する仕事が割り振られるのが普通ですが、フリーランスの場合は自分で仕事を取りにいかないと仕事がない状態となってしまいます。



そのため、自分が仕事をこなしながら、さらに自分から積極的に応募したり、友人関係に声をかけたり、SNSを使って自分の仕事を宣伝したりする必要があります。

NAVERまとめに興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。

仕事を処理することに加えて、仕事を受注するために時間を割く必要があるというのが特徴です。

ただ、その分だけやりがいや達成感はとても大きなものになりますし、仕事で高い成果が上がったときはそれが自分自身の評価に繋がります。

多くのフリーランスは、仕事を受注できれば、口コミでお客様のつながりがどんどん広がっていくように最大の注意を払って仕事をし、また次も使ってもらえるようにお願いをしたりしています。

例えば、お礼のメールを出したり、挨拶状を出したりなどです。

たくさん仕事を得ることができれば、それが直接自分の収入に繋がることからやりがいを感じやすいということもあります。フリーランスは会社員とは違って収入の上限はありませんので、自分の能力次第でたくさんの収入を得ることが可能です。