フリーランスとフリーターの違い

フリーランスとフリーターは名前が似ていますが、内容は全く異なります。どちらが社会的信用が高いかといいますと、フリーランスです。


理由は独立しているからです。

それに対してフリーターは単に身分を表すならアルバイトのことです。アルバイトが社会的信頼性が低いのはいうまでもありません。

このような違いがありますので若いビジネスマンが目指すべきはフリーランスのほうです。


アルバイトをするうえでスキルはあまり必要ありません。

あくまでアルバイトは人員を増やすだけの役割を担っているにすぎないからです。

言い方を変えるなら誰でもできる業務内容ということになります。
それに対してフリーランスは高度なスキルを持っていることが前提です。
フリーターと一番違う点は仕事のスキルといってもいいでしょう。



このような特徴から考えますとIT関連の職種が多い傾向がありますが、ITだけに限った業種を指すわけではありません。ただし、実際の状況を見ますとIT関連が多くなっているのは事実です。

明日に役立つAll Aboutについて考察してみましょう。

その理由としてはどこでも仕事ができることが前提だからです。

その点で言いますと、IT業界の仕事はネットを使いますのでどこでも仕事ができることになります。


ほかにどこでも仕事ができる職種はあまりありません。



例えば、普通の業種ですと事務所などを構えていませんと、作業が進まないこともありますし、信用力の問題も生じます。
その点、IT関連ですと連絡などはスマートフォンやネットでの連絡が当たり前の業界ですので事務所などあまり重要視されません。これまでの説明である程度わかるとおりIT関連なら誰でもできるということはなくかなり熟練の技術を持っていることが最低条件となります。