フリーランスの収入が増えてきたら確定申告が必要

フリーランスとは、企業などに雇用されずに自分で仕事を請け負っている人のことです。

そのため法人を作って活動しているわけでないならば、税金の支払いなどについては個人事業主または自営業者と同じ扱いとなりますので、毎年確定申告を行う必要があります。
確定申告とは、個人事業主が主に所得の金額をもとに納税額を確定させる手続きの事です。



会社員であれば、勤務先の企業が手続きを一括で引き受けてくれるので自分で確定申告をする必要はありませんが、フリーランスとして働く場合は自分で行う必要があります。

知って納得の産経ニュース関連のノウハウを解説します。

フリーランスとして仕事を請けたときは、報酬が源泉徴収の対象になる事も多いため、税務を自分で行って確定申告をすることが欠かせないのです。



厳密には確定申告が必要となるのは、収入金額から経費を引いた所得金額が38万円を超える人ですが、フリーランスの収入で生活しようと思う人は間違いなく該当しますので、確定申告の準備を忘れずにしておきましょう。


確定申告の必要性があるにも関わらず行わなければ追徴課税されてしまう場合もありますので要注意です。
確定申告には白色申告と青色申告があり、その違いとしては青色申告は開業の届けを出す必要がありますが特別控除があるという点です。
その他にも赤字だった場合にその金額を翌年に持ち越せるというメリットもあります。

いずれの場合も売り上げや経費に関わる伝票の処理は普段から忘れずに行っておくと後が楽になります。