フリーランスという働き方が広まっている理由

フリーランスは、会社の人間関係や時間制約に縛られない、まさに自由な働き方というイメージがあります。一般的な事業分類では個人事業主に該当し、特定の企業や組織に専従せずに、自分の知識や技能を提供することによって社会に貢献することを意味します。


通常、仕事を引き受けるたびに相手と契約を結びます。
フリーランス形態で働く人は、フリーランサーと呼ばれます。

フリーランスの仕事は年々増加しており、マスメディア、商業芸術、技術職などのさまざまな業界でフリーランサーが活躍しています。
海外、特にアメリカではフリーランスという働き方は一般的で、労働力人口のうち3人に1人がフリーランスで生計を立てています。

これは、日本企業のような年功序列給や終身雇用制度がないからです。

フリーランスの情報が揃っています。

アメリカでは勤め先を変えることは普通のことで、それぞれの企業で培った専門分野を最大限に生かすためにフリーランサーになります。反対に、日本では終身雇用制度が一般的なため、勤め先を変えたり独立したりすることは尊ばれていない背景がありました。


しかし今や、日本独自の年功序列給や終身雇用制度は崩壊しつつあると言われています。


そもそもこれらのシステムは、高度成長期の右肩上がりの経済期に、会社をさらに成長させるために従業員を多く確保する方法として生まれました。


従業員とその家族の生計を保証することで、他企業へ移ることを防いだのです。


時代は流れ、現在は少子高齢化で労働力人口が減り、経済状況も低迷しています。

つまり年功賃金や終身雇用の前提が崩れてしまったのです。

さらにワーク・ライフ・バランスという考え方が、特に若い世代に浸透してきました。


そこで日本でも近年になって、フリーランサーとして自分の得意分野を生かして仕事をする人が増え、活躍分野も広がりました。

フリーランサーを目指す場合には、収入面に注意する必要があります。

独自のシステムでOKWaveの正しい情報はこちらです。

サラリーマンのような固定給がなく、本人の技量が直接収入に結びつくため、不安定になりがちです。また収入は事業所得として、経費を差し引いた分から決算して確定申告する必要があります。
こうした注意点はあるものの、日本でのフリーランサーは1、000万人を超え、労働力人口の約16%に達しました。

こうした働き方に移行する人は今後も増えると予測されています。



ビジネスの常識

フリーランスと会社員を比較したときに、仕事のスタイルでの大きな違いとして、フリーランスは自分でクライアントとやり取りをして仕事を受注する必要があるということがあります。会社員として働くならば、自分がクライアントとやり取りをする立場になるとは限らず、会社に出社することで自分が担当する仕事が割り振られるのが普通ですが、フリーランスの場合は自分で仕事を取りにいかないと仕事がない状態となってしまいます。...

more

ビジネスの重要知識

フリーランスとフリーターは名前が似ていますが、内容は全く異なります。どちらが社会的信用が高いかといいますと、フリーランスです。...

more

大事なビジネスの事

フリーランスとは、企業などに雇用されずに自分で仕事を請け負っている人のことです。そのため法人を作って活動しているわけでないならば、税金の支払いなどについては個人事業主または自営業者と同じ扱いとなりますので、毎年確定申告を行う必要があります。...

more

ビジネスについて情報

仕事というのはメリハリがとても大事です。要するに、やる時はしっかりと集中して作業に取り組む、休むの時はしっかりと休んで英気を養うことで、最大限のパフォーマンスを発揮することができるのです。...

more